ticnic 利用規約

Ticnic 株式会社(以下「当社」といいます)は、当社が運営するサービスである 「ピクニック用品一式のレンタルサービス」及び「テイクアウト料理パッケージプラン」(以下併せて「本サービス」といいます)の利用について、以下のとおり利用規約(以下「本規約」といいます)を定めます。

第1条(利用に際して)

利用者は(本規約第2条第1号にて定義します)は本規約を遵守のうえ、本サービスをご利用ください。利用者が本サービスを利用された場合、本規約の内容を承諾いただいたものとします。

第2条(定義)

1. 本規約で使用する用語の定義は、以下のとおりとします。

(1)本サービス:利用者向けサービスとして当社が「ticnic」の名称で提供するサービス及びこれらに関連するサービスの総称をいいます。

(2)利用者:本規約に同意のうえ、本サービスを利用する方をいいます。

(3)当社:本サービスに関する統括、企画、立案、運営、管理等を行うTicnic株式会社をいいます。

(4)提携事業者:当社と共に本サービスを推進し、次号に定めるレンタル用品の開発及び製造を行う事業者をいいます。

なお、本規約において「両社」という場合、当社と提携事業者の総称をいいます。

(5)レンタル用品:両社所定のリュックサック形式のバッグとピクニック用品の一式であって、アウトドアチェア、アウトドアテーブル、

バッグ、レジャーシート等の全てをいいます。レンタル用品の所有権は、提携事業者に帰属します。

(6)レンタル契約:提携事業者と利用者との間に成立するレンタル用品の貸出に関する契約をいいます。

当社は、本サービスを通じて、レンタル契約の実現に寄与するものとします。

(7)レンタル契約品:レンタル契約が成立したことにより、利用者が貸出を受けるレンタル用品をいいます。

(8)予約サイト:当社指定の予約サイトサービス事業者が提供するプラットフォーム上に存在し、当社が利用者からの予約の受付管理等を行うWebサイトをいいます。

(7)レンタル場所:当社がレンタル用品の保管、管理、引き渡し、回収等の業務を委託する

公共施設や商業施設等における所定の場所をいいます。

(8)レンタル場所運営者:レンタル場所の管理及び運営を行う事業者等をいいます。

(9)レンタル日:原則として、当社所定の日程のうち、利用者が指定する1日間とします。

(10)レンタル時間:原則として、レンタル日の当日において当社が定める時間帯をいいます。

(11)レンタル開始時間:レンタル時間内において利用者がレンタルを開始する時間をいいます。

(12)レンタル料金: レンタル契約によって発生し、利用者が支払う両社所定のレンタル日単位の固定料金(税込)をいいます。

レンタル料金は、シングルセット料金やペアセット料金等が設定されるものとし、利用者は、予約サイト又は当社指定の決済事業者を通じて、希望のセットに応じたレンタル料金の事前決済を行うものとします。

(13)登録店舗:当社サイトに登録されている料飲店又はその経営をする個人又は法人をいいます。

(14)登録店舗情報:登録店舗の情報(登録店舗名称、住所、連絡先、営業時間)、アレルギー情報などのメニュー詳細情報、画像、動画、テキスト等の登録店舗に関する情報をいいます。

(15)テイクアウト商品:登録店舗が本サービスに情報を掲載することによって、利用者に対して販売提供する飲料、食品その他同種の商品のことをいい、飲食サービス提供契約に基づき提供される商品又は役務等の総称をいいます。

(16)テイクアウト料理パッケージプラン:「ピクニック用品一式のレンタルサービス」と同時に、登録店舗のテイクアウト商品を申込みできるサービスの総称をいいます。

(17)飲食サービス提供契約:本サービスに関して、利用者からの「テイクアウト料理パッケージプラン」の提供の申込みに基づき、ユーザー及び登録店舗間で直接成立する売買契約をいいます。

(18)受領期限:利用者が、登録店舗においてテイクアウト商品を受け取ることができる期限をいい、予約日時から原則2時間以内に受け取るものとし、登録店舗からの別段の注意書きその他案内がある場合はこれに従うものとします。

第3条(レンタル契約)

1. 利用者は、予約サイトにおいて、希望するレンタル日の90日前より、以下のいずれかにより、レンタル契約の申し込みを行うことができるものとします。

(1)あらかじめ、予約サイトに利用者の情報を登録したうえで、予約サイトにログインして行う方法

(2)都度、予約サイトに利用者の情報を登録して行う方法

2. 利用者は、あらかじめ本規約及びプライバシーポリシーに同意し、予約サイトにおいて、レンタル日、レンタル開始時間、レンタル場所等を指定のうえ、レンタル契約の申し込みを行うと共に、レンタル料金の決済を行うものとします。

3. レンタル契約は、利用者による申し込み及び決済が正常に処理され、予約サイトより予約確定メールが発信された時点で、提携事業者と利用者との間に成立するものとします。なお、両社は、両社の判断によって当該申し込みを認めない場合がありますが、両社は、その理由を開示する義務を負わないものとします。

4. 利用者は、レンタル契約をキャンセルする場合、予約サイトにおいて所定のキャンセルを行わなければならないものとします。

5. 利用者による提携事業者に対する代金(レンタル料金、キャンセル料金、延滞料金、損害賠償金等の一切をいいます)並びに登録店舗に対する代金(テイクアウト商品料金、キャンセル料金の一切をいいます)の支払いは、当社が提携事業者及び登録店舗に代わって受領し、当社が提携事業者及び登録店舗に引渡すことにより行われるものとし、当社が代金を受領した時点で、利用者の提携事業者及び登録店舗に対する代金の支払いは完了したものとします。

第3条(レンタル契約品の引き渡し)

1. 利用者は、レンタル契約品について、レンタル場所で、レンタル開始時間までに、引き渡しを受けるものとします。

利用者は、レンタル場所運営者から伝達される諸注意事項を確認し、遵守しなければならないものとします。

2. 利用者は、レンタル契約品の引き渡しを受けた後、速やかに当該レンタル契約品の状態等に関して確認を行うものとします。

利用者は、かかる確認の結果、当該レンタル契約品について利用困難な程度の損傷等を認めた場合、直ちに当該レンタル契約品の使用を中止し、レンタル場所運営者に報告を行ったうえで、レンタル場所運営者の案内に従うものとします。

第4条(責任負担)

1. 前条第2項に該当する場合、利用者は、レンタル場所において、レンタル契約品の交換を受けることができるものとします。

なお交換可能な代替品がない場合は、レンタル契約は解除となり、レンタル料金は当社所定の方法で返還されるものとします。

この場合において、両社は、レンタル料金以上の責任を負わないものとします。

2. 両社は、利用者によるレンタル契約品の使用、設置、保管によって生じた事故の被害、又は第三者に与えた損害について、いかなる責任も負わないものとします。

3. 両社は、レンタル用品が利用者の想定する使用目的に合致すること、又は、有用であることの保証は、一切行わないものとします。

第5条(使用、保管等)

1. 利用者は、善良なる管理者による注意をもって、レンタル契約品の使用及び保管を行うものとします。

また、利用者は、レンタル契約品を所定の使用方法又は保管方法に従って適切に取り扱わなければならないものとします。

2. 利用者は、レンタル品の使用及び保管にあたっては、使用する場所の管理者の規律に従うものとします。

3. 利用者は、レンタル契約品を第三者に使用させ、又は譲渡、質入、転貸等をすることはできないものとします。

また、利用者は、レンタル契約品について、改造等をすることはできないものとします。

4. 利用者は、以下の行為を行ってはならないものとします。

(1)レンタル契約品を通常の使用目的に反して使用する行為

(2)レンタル契約品を損傷させる行為又はそのおそれのある一切の行為

(3)法令又は公序良俗に反する行為

(4)火器使用が許可されていない場所で火器を使用する行為

(5)立ち入りが許可されていない場所に立ち入る行為(山林、樹林、草原、道路、登山道等を含む)

(6)その他、両社が定め、レンタル場所運営者を通じて注意喚起する行為

第6条(返却)

1. 利用者は、レンタル契約品について、レンタル時間内にレンタル場所に返却しなければならないものとします。

2. 利用者は、レンタル契約品について、引き渡し時と同様な状態で返却しなければならないものとし、著しい汚損があるものとレンタル場所運営者及び両社が判断した場合には、両社は、利用者へ損害賠償金等を請求することができるものとします。

3. 利用者がレンタル時間内にレンタル契約品の全部又は一部について返却ができなかった場合、レンタル場所運営者がレンタル用品の返却を受けるまでの間、お客様には遅延金として、1日あたりレンタル料金の倍額をお支払いいただきます。返却の見込みがないと当社が判断した場合は、別途同製品購入費用をお支払いいただきます。また、当該レンタル用品の次の予約の利用者に貸出ができないなど、利用者による返却がなかったことにより当社が損害を被った場合には、その損害の賠償を請求させていただきます。

第7条(汚損、棄損、紛失、盗難等)

1. 利用者の責に帰すべき事由により、レンタル用品の全部又は一部について汚損、棄損、紛失、盗難等が生じた場合、利用者は、直ちにレンタル場所運営者に報告を行うものとします。

2. 利用者は 前項に該当した場合、提携事業者に対して、当該レンタル用品の修理又は交換等に要した損害の実費について、賠償する義務を負うものとします。

3. 利用者の過失による汚損や棄損が発生した場合にご負担いただく費用は、最大2万円となります。故意および、利用者の重過失による汚損や棄損と当社又は提携事業者が判断した場合は同製品購入費用をご弁償していただきます。紛失・盗難されてしまった場合は、同製品購入費用をご弁償していただきます。

4. 前項の損害賠償に関する精算については、第2条第5項を適用するものとします。

第8条(遅延損害金)

利用者は、両社より請求された代金(レンタル料金、キャンセル料金、延滞料金、損害賠償金等の一切をいいます)の支払いが、両社の指定期限を遅延した場合、遅延損害金として、指定期限かの翌日から支払い済みまで、代金の14.6%の遅延損害金を支払うものとします。

第9条(飲食サービス提供契約)

1.  利用者が本サービスを通じてテイクアウト料理パッケージプランを申込みした場合、利用者を買主、テイクアウト商品の販売者(以下「登録店舗」といいます)を売主として、商品の売買契約(以下「飲食サービス提供契約」といいます)が成立します。本サービスを利用することによって利用者と登録店舗との間で締結される契約については、利用者と当該登録店舗との間で直接成立するものであり、当社は当該取引にかかる契約の当事者とはならず、また、媒介、代理等を行うものでもありません。利用者は、利用者自らの責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。

2. 利用者は、あらかじめ飲食サービスの提供条件及び申込先の登録店舗情報をよくご確認のうえ、自らの責任で飲食サービスの提供を申し込むものとします。

3. 当社は、利用者が本規約に違反して本サービスを利用していると認めた場合、当社が必要かつ適切と判断する措置を講じます。ただし、当社は、かかる違反を防止又は是正する義務を負いません。利用者は、本サービスを利用したことに起因して(当社がかかる利用を原因とするクレームを第三者より受けた場合を含みます)、当社が直接的又は間接的に何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます)を被った場合、当社の請求にしたがって直ちにこれを補償しなければなりません。

第10条(キャンセル等)

1. 利用者は、レンタル契約並びに飲食サービス提供契約をキャンセルする場合、予約サイトにおいて所定のキャンセルを行わなければならないものとします。

2. 利用者は、本サービスの申込み後、予約日時の12時間前までは、何ら負担なく、申込み内容の変更、キャンセルができるものとします。

3. 利用者は、当該キャンセル期限経過後に申込みをキャンセルする場合、理由の如何を問わず、当社所定の方法で予約代金全額相当の金額をキャンセル料として支払うことに予め同意します。

4. 前項のキャンセルによることなく、受領期限内に利用者がテイクアウト商品を受け取らない場合には、利用者によるキャンセルがあったものとみなします。

5. 受領期限内に利用者がテイクアウト商品を受け取らなかった場合、登録店舗は、利用者に対するテイクアウト商品の提供義務、その他飲食サービス提供契約に基づく一切の義務を免れるものとし、利用者は、飲食サービスの性質に鑑み、受領期限経過後にテイクアウト商品の廃棄その他の事情によって受け取りができなくなることを承諾するものとします。

第11条(禁止行為)

1. 利用者は、本サービスの利用にあたり、次の各号に定める事項をしてはなりません。

(1)本規約に違反する行為

(2)法令に違反する行為、犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為

(3)当社、登録店舗、本サービスの他のユーザーその他第三者の知的財産権、プライバシー権、名誉権、肖像権その他一切の権利又は利益を侵害する行為

(4)公序良俗に反し又は善良な風俗を害するおそれのある行為

(5)本サービスの提供を妨害する行為又はそのおそれのある行為

(6)その他、当社が不適切と判断する行為

2. 前項に違反した場合、当社は、利用者に何らの通知をすることなく、本サービスの全部又は一部の提供を中止又は停止することができるものとし、これに基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

第12条(反社会的勢力排除)

1. 利用者は、自らが暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等社会運動標榜ゴロ又は特殊知能暴力団、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。

(1)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること

(2)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

(3)自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、

不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること

(4)暴力団員等に資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること

(5)役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

2. 利用者は、自ら又は第三者を利用して次の各号の一つにでも該当する行為を行わないことを確約します。

(1)暴力的な要求行為

(2)法的な責任を超えた不当な要求行為

(3)取引に関して、脅迫的な言辞又は暴力を用いる行為

(4)風説を流布し、偽計若しくは威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は業務を妨害する行為

 

第14条(利用者の責任)

利用者は、自らの判断で本サービスを利用するものとし、本サービスの利用及びその結果について一切の責任を負うものとします。利用者が本サービスを利用したことに起因して、登録店舗、その他の第三者から、当社に対して、苦情、警告、異議、請求、訴訟、その他の紛争の提起があった場合、利用者は自らの責任と費用により紛争等を解決し、当社に一切の迷惑を及ぼさないものとします。また、必要性があると当社が判断した場合には、裁判所、検察庁、警察、地方自治体、その他法律や条例などで認められた権限を持つ機関に、利用者の許可なく利用情報を開示・提供することができるものとします。

第15条(その他免責事項)

1. 両社は、利用者がレンタル契約品を使用して行ったあらゆる活動に関して利用者に生じた一切の損害について、いかなる責任も負わず、賠償する義務も負わないものとします。

2. 両社は、以下の不可抗力等を原因とする不具合、トラブル、損害等について、いかなる責任も負わないものとします。

(1)予約サイトサービス事業者又は当社指定の決済事業者のシステム障害その他の不具合

(2)自然災害、戦争及び内乱、疫病や感染症の拡大等

(3)その他通常の注意力をもってしても回避できない事象

3. 両社は、利用者の機器や通信回線等の障害、エラー、バグの発生等についていかなる責任も負わず、かかる状況等により利用者又は第三者に生じた損害について、いかなる責任も負わないものとします。

4. 本規約に定めた両社を免責する規定は、両社に故意又は重過失が存する場合には適用しないものとします。

5. 本規約のいずれかの条項の一部が民法、消費者契約法その他の法令により無効、取消、又は差し止めとなった場合であっても、残部は継続して完全に効力を有するものとします。

6. 利用者と登録店舗との飲食サービス提供契約に関して食中毒、異物混入、その他飲食サービスに関連した事故が発生した場合において、これにより利用者又は第三者に生じた損害の賠償その他の紛争については、利用者と登録店舗との間で解決をするものとします。

7. 利用者による本サービスの利用に関し、利用者と登録店舗その他の第三者との間で紛争が生じた場合、利用者は、直ちにその旨を当社に通知するとともに、自己の責任と費用においてこれを解決するものとし、当社はこれに一切関与せず、何ら責任を負わないものとします。

8. 何らかの理由により当社が利用者に対し責任を負う場合であっても、当社の損害賠償責任の累計総額は、責任の原因が発生した時の予約代金(ただし、責任の原因が特定のレンタル契約及び飲食サービス提供契約と無関係である場合は1,000円)を超えないものとし、かつ、付随的損害、派生的損害、偶発的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益について賠償する責任を負わないものとします。

第11条(契約の解除)

当社は、利用者が以下のいずれかに該当する場合には、予告なくただちにレンタル契約並びに飲食サービス提供契約を将来に向かって解除できるものとします。

この場合、当社に生じた損害について、利用者又は利用者であった者に請求することができるものとします。

(1)本規約に違反した場合

(2)本規約に定めた反社会的勢力に該当するおそれがあると当社が判断した場合

(3)利用者の申告に虚偽の事実があることが判明した場合

(4)当社からの連絡に対し、一定期間返答がない場合

(5)その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

第12条(本サービスの変更等)

当社は、利用者にあらかじめ合理的な期間を通知した後、本サービスの内容を変更し又は本サービスの提供を終了することができるものとします。

第13条(本規約の変更)

当社は、本規約を変更できるものとします。本規約を変更する場合、当社はあらかじめ利用者に対し、本規約の変更内容及び効力発生時期を通知するものとします。ただし、当該変更内容が利用者にとって不利益でない場合は、当社は、即時に本規約を改定し、事後的に公表する対応に変えることができるものとします。

第14条(個人情報の取扱い)

両社は、プライバシーポリシーに従い、適切に個人情報を取り扱うものとします。

第15条(権利譲渡)

1. 利用者は、本契約上の地位又は権利義務を第三者に譲渡し、又は担保に供することはできません。

2. 当社は、本サービス事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、本規約に定めた当社の地位及び本規約に基づく権利及び義務並びに利用者の個人情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項においてあらかじめ同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第16条(秘密の保持)

両社及び利用者は、本サービスにおいて知り得た非公開の情報を秘密情報として取扱い、第三者に漏洩又は開示してはならないものとします。

第17条(協議)

両社及び利用者は、本規約に定めのない事項、又は本規約の条項の解釈に疑義が生じた事項については、誠意をもって協議し解決を図るものとします。

第18条(準拠法・裁判管轄)

1. 本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。

2. 本サービスに関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに利用者等は同意するものとします。

 

 

以上

2021年7月27日制定

2021年8月8日改定

2021年9月26日改定